時計 2021/05/27 21:25

ワクチン接種後、女性死亡 因果関係は不明 新型コロナ・宮崎27日発表

 宮崎県は27日、新型コロナウイルスのワクチンを接種した65歳以上の女性1人が、接種5日後に死亡したと発表した。ワクチンとの因果関係は不明としている。接種後の死亡例は県内では初めて。

 発表によると、女性は基礎疾患があった。今月17日、高齢者を対象としたファイザー製ワクチンの1回目の接種を受けた。20日に腹痛の副反応疑いが出て、病院を受診し22日に死亡した。接種した医師の国への報告によると、ワクチンとの因果関係は評価不能という。

 厚労省の通知では、接種と因果関係のない事象を含めた副反応が疑われる事例も報告を求めている。