2021/06/24 17:04

2000年前のピンクの大輪 令和の今も 大賀ハス開花 鹿児島

鮮やかなピンク色の花を咲かせる大賀ハス=24日、鹿児島市犬迫町の都市農業センター
鮮やかなピンク色の花を咲かせる大賀ハス=24日、鹿児島市犬迫町の都市農業センター
 鹿児島市犬迫町の都市農業センターにある水生植物園で、大賀ハスが咲き始めた。水面を彩るピンク色の花を眺めようと、連日カメラマンや女性グループらが訪れている。 

 好天に恵まれた24日は、こぶし大ほどの花が二つ咲いていた。センターによると午後は花がしぼむため、午前9〜10時ごろが見頃だという。今月下旬には花数も増えると予想している。

 大賀ハスは、植物学者の大賀一郎博士が1951(昭和26)年に千葉県で発掘し、約2千年前の種子から発芽させた。
広告