坂本龍馬没後150年展、暗殺5日前の手紙展示 霧島・牧園郵便局

(2017 07/28 20:17)
龍馬の手紙などが展示されている牧園郵便局=霧島市牧園
 霧島市牧園の牧園郵便局で「坂本龍馬没後150年展」が開かれている。目玉は龍馬が暗殺される5日前に書いたとされる書状のレプリカ。9月15日まで。
 書状は縦約16センチ、横約90センチ。大政奉還後の新政府樹立に向けて、福井藩士の出仕を「新国家」の言葉を使いながら懇願する内容。高知県が1月に新史料として発表したもの。
 「坂本龍馬大鑑~没後150年目の真実」(角川書店)の予約販売窓口となる日本郵便が受け付けイベントとして企画した。お龍と新婚旅行に訪れたゆかりの地として、牧園での特別展示が決まった。
(記事全文は29日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース