交通局跡地 ホテルはシェラトン 19階建て223室 南国殖産契約

(2017/12/25 22:45)
交通局跡地に建設されるシェラトン鹿児島ホテルの完成予想図(南国殖産提供)
 南国殖産(鹿児島市、永山在紀社長)は25日、世界最大手の米ホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」と、鹿児島市高麗町の市交通局跡地に「シェラトン鹿児島ホテル」を建設する契約を結んだと発表した。2018年度中に着工し、22年初めの開業を予定する。
 マリオットはシェラトンやリッツ・カールトンなどを展開する。シェラトンブランドのホテルは日本で10カ所目、九州では宮崎に次ぎ2カ所目。地下1階、地上19階建てでスイートルームを含む223の客室を設ける。
 マリオットのマーケティング担当者は鹿児島進出の理由を「美しい自然や温泉、焼酎などがある魅力豊かな地域で、国内だけでなく海外からの集客も見込める」と説明した。
(記事全文は26日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース