新燃岳爆発、噴煙8000メートル

(2018/04/05 10:22)
火山雷を伴いながら、噴煙を上げる新燃岳=5日午前3時47分、霧島市牧園(南日本新聞社監視カメラ)
 霧島連山の新燃岳で5日午前3時半ごろ、空振を伴う爆発的噴火が起きた。噴煙は一連の噴火活動で最も高い8000メートルまで上がったと推定される。降灰の影響で、JR吉都線は一時運転を見合わせた。


 南日本新聞社は桜島降灰速報メールで、新燃岳上空の風向予報を提供している。午前7時ごろと午後3時ごろに配信。登録はこちらから。


フォトニュース