喜界町の117歳 「長寿世界一」 田島ナビさん死去

(2018/04/22 06:30)
特別養護老人ホーム「喜界園」で過ごす田島ナビさん=2017年9月、喜界町赤連
 長寿世界一とみられていた喜界町在住の田島(たじま)ナビさんが21日午後7時58分、老衰のため、入院先の町内の病院で死去した。117歳。自宅は喜界町荒木302。通夜は22日午後6時から、喜界町の青木葬祭で。葬儀告別式は23日の予定。喪主は孫の廣行(ひろゆき)さん。
 親族によると、田島さんは体調を崩し1月末から入院していた。
 田島さんは1900(明治33)年8月4日、喜界町荒木で生まれた。7男2女に恵まれ、2017年9月時点で孫28人、ひ孫56人、やしゃご65人、来孫4人がいる。
(記事全文は22日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース