JR国分駅バリアフリー化 エレベーター設置、安全確認モニターも

(2018/05/02 20:07)
運転士が乗客の安全を確認できるモニター
 JR日豊線国分駅(霧島市)のバリアフリー化工事が終わり、構内にエレベーターが設置された。運転士らが安全確認に使うモニターも新設され、利便性・安全性が高まった。
 これまで二つのホームをつなぐ渡線橋には階段しかなく、車いす利用者や高齢者は、駅員の誘導で線路上を横断していた。エレベーター2基のほか、列車接近を表示・スピーカーで知らせる装置、視覚障害者用の音声誘導機なども整備された。
JR国分駅に新設されたエレベーター。旅行者や高齢者に好評だ=霧島市国分中央3丁目
(記事全文は3日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース