やごろうスイカ 出荷が本格化 曽於・大隅南地区

(2018/07/10 20:00)
丸々と実ったやごろうスイカを収穫する木村芳博さん=曽於市大隅
 曽於市大隅特産「やごろうスイカ」の出荷が本格化している。大隅南地区の14戸が14ヘクタールで栽培しており、糖度11度以上の甘さと歯触りのいいシャリ感が特徴。8月半ばまで地元直売所やスーパーなどで販売される。
 JAそお鹿児島スイカ部会長の木村芳博さん(56)は、7月に入って大玉の出荷を始めた。連日、家族総出で50アールのほ場を回って収穫作業に汗を流す。「やや小ぶりだが、糖度は十分。価格も期待できそう」と笑顔で話した。
(記事全文は11日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース