古墳時代の竪穴住居群出土 鹿児島大・郡元キャンパス

(2018/07/30 13:00)
密集する竪穴住居跡が確認された発掘現場=鹿児島市の鹿児島大学郡元キャンパス
 鹿児島大学埋蔵文化財調査センターが発掘している郡元キャンパス(鹿児島市)の現場から、古墳時代後期(6世紀頃)の竪穴住居群が見つかった。南九州特有の土器や石包丁なども確認されており、当時の生活環境の解明が期待される。
 一帯は弥生時代から古墳時代までの遺構が多い。当時は河川が流れており、そばでは水田跡や井堰(ぜき)跡も出土している。住居群は、床面が正方形で1辺4~5メートルの19基を確認。密集するのが特徴で各住居の中央には炉があり、成川式土器のかめが据えられたものもあった。
(記事全文は30日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース