奇声“襲撃” 悲鳴と涙 南さつま・金峰で「ヨッカブイ」

(2018/08/23 06:30)
ヨッカブイに捕まり、かますの中で泣きじゃくる子ども=南さつま市金峰町高橋
 南さつま市金峰町高橋で22日、水難防止を願う国選択無形民俗文化財「ヨッカブイ」(高橋十八度踊り)があった。シュロの皮をかぶった大ガラッパ(ヨッカブイ)が子どもたちを追い掛け、かます(穀物袋)に入れると大きな泣き声が響いた。
 園児62人の高橋保育園には、ヨッカブイ9人がササ竹を振り「ヒョー、ヒョー」と奇声を上げて近づいた。カメラを手に待ち構える保護者とは対照的に、園児は先生や友だちと身を寄せ合ったり、逃げ回ったりして必死に抵抗。「怖い」「嫌だー」と叫び、しばらく放心状態の子もいた。
(記事全文は23日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース