台風24号通過 奄美・名瀬港の灯台消える

(2018/10/01 06:30)
土台部分だけが残った名瀬港西防波堤灯台=奄美市名瀬
 奄美市名瀬港にある西防波堤灯台が、台風24号の通過後、消失したことが30日分かった。強風や高波で倒れ、海中に転落したとみられる。奄美海上保安部は、航行警報などで付近の船舶に注意を呼び掛けている。
 同保安部によると、灯台は高さ11メートル、幅2.2メートルの強化プラスチック製で中は空洞。1989年に名瀬港入り口の西防波堤先端に設置された。台風通過後、巡回したところ、コンクリート製の基礎部分を残し消えていた。

消失した名瀬港西防波堤灯台=奄美市名瀬(奄美海上保安部提供)
(記事全文は1日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース