赤い羽根募金活動始まる 鹿児島県内

(2018/10/01 23:00)
1日から始まった赤い羽根共同募金に協力する人たち=鹿児島市の天文館
 赤い羽根共同募金が1日、全国で始まり、鹿児島県内各地でも募金活動がスタートした。鹿児島市では、大久保利通や篤姫に扮(ふん)した薩摩観光維新隊や民生委員ら約40人が、通行人に協力を呼び掛けた。
 1947(昭和22)年から始まった赤い羽根共同募金は、今年で72回目。昨年度は県内で約2億7200万円が集まった。地域福祉活動の助成や、災害被災者への見舞い金などに使われる。
(記事全文は2日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース