“日本一”の甲冑展示 旧戦国村リニューアル 10月21日、本格オープン

(2018/10/18 22:00)
映画やドラマで使われた甲冑などが並ぶ展示館=薩摩川内市湯島町
 丸武産業(薩摩川内市、田ノ上賢一社長)が、同市湯島町の旧川内戦国村の改修を終え、「甲冑(かっちゅう)工房 丸武」として21日、グランドオープンする。甲冑の国内シェア8割超を誇る日本一メーカー。展示館や見学ゾーンを充実させ、地元の子どもたちの社会科見学から海外観光客まで幅広い誘客を目指す。入場無料。
 同社によると、約1万300平方メートルの敷地に、黒を基調とした城や武家屋敷風の建物など6棟が立つ。同市御陵下町にあった本社兼工房を移転させ、製作過程のほぼ全てを見学可能にした。
(記事全文は19日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース