白羽の群舞 優雅 クロツラヘラサギ越冬 霧島市隼人

(2018/11/08 22:00)
調整池で羽ばたくクロツラヘラサギ=霧島市隼人
 鹿児島湾奥の干拓地や調整池に、今シーズンもクロツラヘラサギが越冬に訪れている。10月中旬ごろ第一陣が飛来。日に日に個体数が増えており、南国の冬を楽しんでいる。
 8日は霧島市隼人で38羽を観察。ヘラサギやダイサギ、カモ類などと一緒に餌を食べたり羽づくろいしたりして過ごし、優雅な群舞も披露していた。もう一つの集団越冬地で知られる南さつま市を含め、近年は県内に50羽超が越冬している。
(記事全文は9日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)

フォトニュース