H3ロケット 優しく運搬 新型台車、来月種子島へ

(2018/12/06 06:30)
報道陣に公開されたH3ロケット用の新型ML運搬台車=愛知県半田市
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)と三菱重工業は5日、次期主力ロケット「H3」を運ぶ専用の大型台車を、愛知県半田市の工場で報道陣に公開した。
 H3の大型化に伴い発射台が更新されるのに合わせ、20年ぶりに新規開発した。2台1組で運用。発射台とロケットを載せ、組み立て棟から射点まで運ぶ。全長25メートル、重さ150トン、積載能力1460トン。タイヤの数は56本。
(記事全文は6日付南日本新聞おはようネット県外版モバイルサイトでご覧になれます)