国内海外の主要ニュース

北海道、猛吹雪に警戒を 真冬並みの寒気が流入
2019年11月14日

 気象庁は14日、真冬並みの寒気が流れ込む影響で、16日にかけて北海道で雪を伴う非常に強い風が吹く恐れがあるとして、暴風や高波、猛吹雪による交通障害への警戒を呼び掛けた。
 同庁によると、発達しながら北上した低気圧のため、北海道や東北を中心に14日は暴風となり、雪も降った。同日夜からは上空1500mに平年より約10度低い寒気が入ってくるため、北海道の日本海側では大雪に注意が必要としている。
 15日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は北海道25m(35m)、東北と北陸18m(30m)、波の高さは北海道7m、東北と北陸6m。
 


  記事一覧
北海道、猛吹雪に警戒を 真冬並みの寒気が流入(11/14 18:53)